2009年10月16日

手術決定となりました…

カテ−テルが外れて軽井沢キャンプでお水もいっぱい飲んで出すものもいっぱい出していたオリバ−犬(笑)




       なのでちょっと安心はしていたんだけど…



 091014@.jpg



久しぶりに駅前ウォッチングを楽しみ、いつも通りの生活に戻ったように感じた

 091014A.jpg


  しかし散歩終了間際のオシッコに血の塊ががく〜(落胆した顔)

 091014B.jpg
(口で説明するよりも分かりやすいと思い先生に見せるために撮影しました)



病院に連れて行こうかと思ったけど、あいにくこの日病院は休診日顔(汗)

その後、おしっこも普通に戻ったのでもう少し様子を見る事にたらーっ(汗)








 091015@.jpg


  朝からちょっと嫌なオシッコの出方になりまた血の塊が顔(え〜ん)

 091015A.jpg



        そしてその後血尿も出た顔(なに〜)



午前の診察時間には間に合いそうもなかったので午後病院に行く事にあせあせ(飛び散る汗)

 
     ちょうど先日の結石の分析結果が出たところだった




            気になる結果は・・・・

 091015C.jpg

うわぁ…できればストルバイトのほうであって欲しいと思っていたが結果は残念ながらシュウ酸カルシウム…しかも98%以上だってもうやだ〜(悲しい顔)

 エコ−で見てもやはりまだ石は膀胱内に留まっている状態だった…



手術しないとなると…また石が詰まったら圧をかけて膀胱に戻し、数週間のカテ−テル留置…もしかしたら石がある限り今後その処置を繰り返えさなきゃいけなくなるかも…と…
そうなればオリバ−自身にも負担になる犬(泣)
先生の提案としては、とりあえずリセットという意味でも今ある石を取って、今後予防していった方がいいのではないかと言うことでした。




手術してもまた石ができる可能性はゼロではないけれど、もしストルバイトの結晶&石ができても食事&薬で消す事はできるので、オリバ−のようにシュウ酸カルシウムの結晶&石もできる体質ならば、術後はシュウ酸カルシウム予防に重点をおいて管理していけばいいと思いますよ〜って…


しかし今はまだ血尿も出ているし膀胱内も少し荒れているのでくすりを飲んでその症状が落ち着いてからじゃないと(完全に詰まっておしっこが全くでない場合は緊急オペ)手術は無理だそうです。










   散々悩み、先生といろいろ話をして私が出した結論は…

 091015D.jpg











         来週の木曜日に手術となりましたもうやだ〜(悲しい顔)

何日か入院を覚悟していたら翌日に迎えに行ってもOKだそうでちょっと安心ダッシュ(走り出すさま)



しかし術後3〜4日はカテ−テル&オムツ生活になるそうです犬(泣)











  見た目は健康体なのに膀胱内に悪さする小さい石がある…

 091015B.jpg

  何も知らないそんなオリバ−を見ていると胸が痛むけど…


きっと血尿が出続けるほうがオリバ−にとっては辛い事だよね顔(汗)



今のところは普通におしっこが出ているけど、緊急オペにならないようにマメに外に連れ出し、おしっこの出がどうなのか観察しなくちゃ…








        注射注射注射   明細   注射注射注射



      再診料    600円
      エコ−     無料
      抗生剤(シンクル)  840円 (朝晩1錠 7日分)
      消炎止血剤(トランサミン)  560円 (夜1錠 7日分)
      消炎鎮痛剤(リマダイル)  560円 (朝1/2錠 7日分)

ニックネーム おりおり at 19:10| 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする